2012年06月30日

第42回:緊急性と重要性を区別する

『緊急なことはめったに重要ではなく、
 重要なことはめったに緊急ではない。

 緊急性と重要性を区別する能力は、事業の発展と人生の成功に欠かせない。
 緊急性と重要性を区別できなければ、無駄の多い人生を送ることになる。

 毎日、さまざまな出来事が発生する。
 その中には緊急なこともあるし、重要なこともある。
 両方である場合もあるし、どちらにも該当しないものもある。
 ここで注意すべきなのは、緊急なことはめったに重要ではなく、
 重要なことはめったに緊急ではないということだ。
 しかし残念ながら、ほとんどの人は、
 緊急なことがすべて重要であるかのように思い込んで奔走する。
 緊急性と重要性の区別を具体的に説明しよう。

 ●会議に間に合うよう必死で車を運転することは緊急だ。無事に到着することは重要だ。
 ●明日までに仕事を終えることは緊急だ。質の高い仕事をすることは重要だ。
 ●事業を軌道に乗せるために長時間労働をすることは緊急だ。
  運動をし、正しい食生活をし、十分な休養をとるために時間を割くことは重要だ。
 ●クロージングは緊急だ。顧客満足度とリピート客をもとに事業を構築することは重要だ。
 ●かっこいい新車や高価なドレスを買うことは緊急だ。
  経済的成功を収めるために節約と投資をすることは重要だ。

 緊急なことに奔走してばかりいると、人生はうまくいかない。
 多くの人が、一生懸命に働いているのにますます貧しくなり、
 いつも時間が足りないと感じている原因の一つはここにある。
 人々は緊急なことに時間を奪われ、重要なことをなおざりにしている。
 重要なことをなおざりにすると、どういうことになるかは容易に想像できるはずだ。
 遅かれ早かれ、それは緊急かつ重要になり、危機と呼ばれるようになる。
 たとえば、お金の危機、健康の危機、事業の危機、家族の危機がそうだ。
 緊急なことではなく重要なことに時間を使えば、そういう危険はさけることができる。
 あなたにできる最も重要な選択の一つには、何が重要かを決定することだ。
 その上で重要な結果を出すことに時間を使うといい。』
(自宅にいながら金持ちになる方法 P148より、一部加筆修正)
自宅にいながらお金持ちになる方法 [単行本] / マイケル ルボーフ (著); Michael LeBoeuf (原著); 弓場 隆 (翻訳); ダイヤモンド社 (刊)

『やぶっちコメント』
タイムマネージメントで一番有名な著書「七つの習慣」や時間管理のセミナーで必ず出ってくる
重要性と緊急性の優先順位のつけ方について、わかりやすく説明している文章だなって思い書きました。
自分も頭では分かっているのですが、なかなか重要ことより緊急なことばかりやってしまっています。

posted by やぶっち at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

第27回:学校教育について

受験勉強1.jpeg『金持ち父さんが現在の教育制度を厳しく批判している理由の一つは、
「学校では、一人一人ばらばらにテストを受けるように生徒を訓練する」
 ことだった。
「テストの時に生徒同士で協力し合うと、カンニングだと言われる」

 私が、現在の西洋の教育システムがプロシアに起源をもっている
 という話をしても、ただそれを聞き流す人が多い。だが、
 次にプロシアの教育システムの目的が従業員と兵士を作り出す
 ことにあったと言うと、多くの人が耳をピクリとさせて、
 疑わしげな視線を私に向ける。
 教育システムの起源に関するこの話の信憑性に疑問を挟む人がいると、私はよく次のように聞き返す。
「学校を卒業した人がまず探すのは何ですか?」返ってくる答えは「仕事」だ。学校を卒業した人は仕事を探す。
 そうするよう訓練されているからだ。彼らの反応は忠実な兵士と同じだ。
 私がこんなことを言うのは、プロシアがもう存在しないにもかかわらず、
 考え方だけが何世紀も生き延び、今も健在でいることを指摘したいからだ。

 私たちは競争意識を持つことを子供の頃に学ぶ。学校では成績を、スポーツでは勝敗を競い、
 人生では愛する人と一緒になるために競い合う。
 また、仕事の上では、就職のために競い、昇給や昇進、上司から認められること、
 クビにならずに生き残ることをかけて競い合う。
 ビジネスの世界でも、顧客やマーケットシェア、契約、優秀な社員をめぐって会社同士が競い合う。
 競争は適者生存、食うか食われるかの世界を意味する。
一人でゲームをする子供.jpeg
 また、今でもすでに、子供たちは一人で過ごす時間が多すぎる。
 何時間もコンピュータに向かっていたり、
 一人でテレビを見たいたりする。そしてテストも一人で受ける。
 私たちはこんな状態を放置しておきながら、
 どうしてこんなに反社会的な子供が増えてしまったんだろうと
 不思議がる。

 金持ち父さんはいつも、「ビジネスはチームでやるスポーツだ」
 と言っていた。
 それから「投資はチームでやるスポーツだ」とも言っていた。
 また、サラリーマンや個人事業主が抱える問題は、チームを相手に一人で試合をしている点だ」とも言っていた。
 実社会でとても大切な技術は、できるだけ多くの人たちと協力できる能力と、
 相手の力を弱めることなく手助けできる能力だ。
 社会で成功するためには、たくさんの異なるタイプの人たちとうまく付き合っていく方法を身につける必要がある。
 私たちは個人としてだけでなく、チームの一員として機能する方法を学ぶ必要がある。」

 金持ち父さんはまた、こんなふうにも言っていた
「実際のビジネスの世界では、ビジネスオーナーたちはテストの時に協力し合う。
 そしてビジネスの世界では、毎日がテストのようなものなのだ」』

(下記の金持ち父さんシリーズより、一部加筆修正)
金持ち父さんの子供はみんな天才 ― 親だからできるお金の教育 [単行本] / ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)金持ち父さんの投資ガイド 上級編―起業家精神から富が生まれる [単行本(ソフトカバー)] / ロバート キヨサキ, シャロン レクター (著); 筑摩書房 (刊)金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン [単行本(ソフトカバー)] / ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)

『やぶっちコメント』
この話をブログに書くかはとても迷いました。
ただ、終身雇用制度が崩壊している中で、一人で多くの人に産業化時代の考え方を
少しでも変えてもらいたく、あえて書きました。
また、自分の考える産業時代の考え方と情報化時代の考えたを書いてみました。

【産業時代の考え方】
 会社や政府など、自分以外のだれかが自分の人生に責任を持ってくれてしかるべきだ。

【情報化時代の考え方】
 自分の人生と、人生から得られる最終的な結果に対して、自分で責任を持つことが大事。



【補足】
 話は変わりますが、年金問題を解決するために、
 今の生活を買えなくてもできる株式投資のやり方を説明したブログを書いてみました。

 合言葉は一つ”投資は好奇心!!”

 興味のある方は、是非読んでみてください(=^・^=)

 ブログはこちらから
 長期投資家やぶっちの投資入門


posted by やぶっち at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。