2012年12月22日

第54回:一つの戦略と複数の戦術が勝利をもたらす!!

『私が軍の将校として受けた訓練では「戦略」と「戦術」の違いを知る必要があった。
 ごくやさしい言葉で言えば、戦略とは何をするかで、
 戦術とは戦略をどう遂行するかについてのプランだ。
 当時、軍事を教える教官の中に、戦争で勝つためには一つの戦略と
 多くの戦術を駆使することが重要だと繰り返し強調する教官がいた。
 彼はよくこう言っていた。
「軍隊のリーダーは一つの目標または戦略に焦点を合わせなければならない。
 一つのことを遂行することだけを目指さなければならない。
 そのほかのことは全て、その一つのことを遂行するための戦術だ」
 次にこの教官は、一つの戦略に焦点を合わせた複数の最高の戦術を駆使したリーダーが
 勝利を収めた戦いの例を挙げるのが常だった。

 私はこの教えを胸に、ビジネスの世界に足を踏み入れた。
 まもなく、この世界でも「単一戦略・複数戦術」型のプランを持つ企業が
 戦いに勝利を収めていることがわかってきた。

 たとえば、ドミノピザは競合会社を負かすために一つの戦略をもとに商売を始めた。
 宅配ピザ戦争の中で差別化を図るため、ドミノピザはただ一つの戦略を核として会社を作ったが、
 その戦略とは「三十分以内にピザを届ける」という約束だった。
 ドミノピザのビジネス全体がその約束、つまりただ一つの戦略を中心に作られていた。
 この唯一の戦略を実現するために、会社は次に、複数の戦術プランを練り、それらを実行した。
 ドミノピザは市場に参入するとすぐに競合会社の市場シェアを奪った。
 そのような約束を果たすようにビジネスが設計されていなかったピザハットなどの競合会社は、
 ドミノピザに追いつくことができなかった。
 ピザハットはドミノピザと戦うために、広告を増やしてコミュニケーションのレベルを強化し、
 また新しい種類のピザを導入して製品のレベルを充実させた。
 このようにしてピザ戦争が始まり、ピザハットはよりよい商品、ドミノピザはより早い配達を武器に戦った。

 ジェームズ・コリンズの著書『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』を読んだことのある人は、
 すばらしい企業の多くがただ一つの戦略を掲げていることに気付いたかもしれない。
 ジェームズ・コリンズ自身は、それを「単一戦略・複数戦術」とは呼ばず「ハリネズの原則」と呼んでいる。
 この本には、ウォルマートの「いい品を最も安い価格で」という単一戦略こそが、
 複数の戦略やそれ以上の戦術を持つ競合会社を同社が打ち負かしている理由だと書かれている。
 言い換えれば、
 ウォルマートの競合会社は勝利のための一つの戦略を明確に定義できていないだけ、ということになる。
 ウォルマートはそのビジネス全体が一つの約束、
 それも明らかに顧客に気に入られるような戦略に焦点を合わせて設計されている。
 ウォルマートは製品の部分で勝っているわけではない。
 ドミノピザと同じように、同社もシステムのレベルで勝っている。

 トーマス・エジソンも製品レベルではなく、
 システムレベルで電灯をめぐる戦いに勝ったことを思い出した人もいるかもしれない。
 ヘンリー・フォードもまたシステムレベルで勝った。
 彼は、勤労世帯のために低価格の車を大量生産したにすぎない。
 最高級の車を作ると約束したことなど一度もない。
 ただ、最低価格の車を作ることを約束して、その約束を核としてビジネスを設計した。

 マクドナルドも最高のハンバーガーを作っているわけではない。
 レイ・クロクは、フランチャイズのオーナーになりたいという人々に
 最高のフランチャイズ権を売るというアイディアを中心にビジネスを設計した。』
 (金持ち父さんの起業する前に読む本 P285より、一部加筆修正)
金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン [単行本(ソフトカバー)] / ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊) ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 [単行本] / ジム・コリンズ (著); 山岡 洋一 (翻訳); 日経BP社 (刊)

『やぶっちコメント』
自分は投資をするときは色々手を出している企業よりも、
一つのこと(一つの戦略)を愚直にやっている企業に投資するのが好きです。

また、自分が仕事やビジネス、投資ををするときも同じように考えて絞るようにしています。
いろいろやらないことでリソース(人、モノ、金)が分散せず、一つの分野に関しては他の人に比べて
集約することで専門性を出し、競争優位が生まれてくると考えています。

また、やずや創業者の故矢頭宣男さんの言葉で
「深く穴を掘れ、直径は自然と広がる!!」って格言があります。
単一戦略・複数戦術を見事に表した言葉だと思います。
posted by やぶっち at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 戦略・戦術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

第53回:商売が成功するかどうかは、3つの要素で決まる

商売が成功するかどうかは、3つの大きな要素で決まります。

何だと思いますか?

答えは自分(自社)とお客(市場)とライバル(競合他社)の
三つの要素の力関係で決まります。

分かりやすく言えば、
お客からみた場合に、ほしい商品やサービスが自分のところしか売っていない場合は、
当たり前ですが、どんなに値段が高くても自分のところで買ってくれます。
もっと分かりやすく言えば、ライバルがいなければ、誰でも成功します。

商売だけでなく、会社の中でも同じことが言えます。
必ず仕事があって、上司があなた以外に仕事を頼む人がいなければ、
商売がうまくいくか決まる3要素.jpgリストラされることがなくあなたの地位は安泰です。
ただし、その仕事自体がなくなれば別ですが…。

逆に上司からみた場合に、
あなた以外に仕事を頼める部下が何人でもいて、
かつ、あなたのパフォーマンスが他の部下の人より悪い場合は、
あなたの地位はすごく不安定な状態であり、
何らかの対策が必要になるでしょう。



『やぶっちコメント』
自分が投資する場合も同じように3つの要素を常に気にしながら投資するようにしています。

特にお客目線でみた場合に、その投資対象会社でしか買えない商品やサービスであるか?
他に同じような商品やサービスを提供している会社がないことを確認してから投資するようにしています。

要するに、自分が投資したい会社の市場で、ライバルいない、もしくは弱い会社しかなく、
成長余地があり、圧倒的なブランド力があるNo1企業を、
不景気や悪いニュースなどがあり 一時的にその企業の価値より株価下がった時に、
大量に買うのが一番安全な株式投資と考えます。

日本株で言えば、カルビー(ポテトチップス)、日清食品(カップヌードル)、壱番屋(ココイチ)などが
その対象になるのかもしれません。


【補足】
 話は変わりますが、年金問題を解決するために、
 今の生活を買えなくてもできる株式投資のやり方を説明したブログを書いてみました。

 合言葉は一つ”投資は好奇心!!”

 興味のある方は、是非読んでみてください(=^・^=)

 ブログはこちらから
 長期投資家やぶっちの投資入門


posted by やぶっち at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 長期投資で最も重要な考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

第52回:人を見る場合、最後は目だ!!

『目利きというのはやっぱりありますね。

 経営コンサルタントの堀紘一(ほりこういち)さんも言っていました。アイルトン・セナ.jpg

 人を見る場合、最後は目だ!!

 目を見るとわかる!!と言っていました。

 なぜだと思います?

 勘じゃないんですよ。

 目と言うのは、体の中で唯一、

 神経細胞が露出している場所って言うんですよ。

 瞳というのは、細かく光っているものがありますよね。

 あれって神経なんですよ。

 唯一、外から見ることができるんです。

 嘘をついていると「嘘ついてます」って瞳孔が開いたり、目が泳いでしまう。

 実はそれを人間は直感で見分けているんです。』

 (「お国の機関」で言いたい放題A【毒舌お笑い系】by栢野克己YouTube動画より、一部加筆修正)

『やぶっちコメント』
 企業へ投資する際、その会社の社長に会える場合や
 会えなくてもテレビなどで見ることができる場合に、
 自分は必ず、社長が言っていることがホントかどうか確認するために、
 目をみるようにしています。
 どんなにプレゼンが良く、利益が出っていても目が信用できない場合は
 投資を見送るようにしています。
 また、投資以外でもその人が真剣に考えているかどうかを判断するのに
 目をみて信用したり、重要なお願いしたりするようにしています。
posted by やぶっち at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

第51回:プロ意識はいつから持つべきか?

『プロ意識を初めから持つことの凄さについて、
 今回はスポーツ漫画の王様と言われるスラムダンクを例に説明したいと思います。

 主人公の桜木花道は好きな女の子がバスケット選手が好きという理由からバスケ部に入ります。
 ただし、彼はバスケットボールはまるっきりの初心者でした。天才ですから.jpg
 しかし、桜木花道は短期間でみるみる成長し、
 最終的にチームになくてはならない男になります。

 なぜ、まるっきりの素人がそんな男になれたんでしょうか?
 それは彼が最初から【プロ意識】を持っていたからです!

 彼は最初っから自分のことを
「天才」、「バスケットマン」、「スポーツマン」
 と言っており、常にプロ意識を持っていました。

 また、外部に公言することで、できないと恥ずかしいというプレッシャーを
 自らにかけることで本人が意識しているか、していなかわかりませんが、
 成長のスピードは早まったはずです。

 そして、短期間でチームになくてはならない男になりました。』
 (『ネット×リアル』で稼ぐ現役大学生ブログ−【スラムダンクの桜木花道から学べ!!】より、一部加筆修正)

『やぶっちコメント』
 あたなが人生で天職や本当になりたいことを見つけた時に
 当然、実績や知名度、技術、体力面などは無かったり、不足しているはずです。
 しかし、「プロ意識」だけは初めから持つことはできます。
 初めから「プロ意識」と持つことで、その分野で驚くほどのスピードで成長することができるようになります。
 途中からプロ意識を持つのも良いと思いますが、一流と呼ばれる人たちは、
 初期の段階(知名度が低いうち)からプロ意識を持っていた人が多いです。

 かのキリストは下記のように言っていました。
 「はじめに言葉ありき、後に現実が言葉通りになる!!」と。

スラムダンク勝利学 (勝利学シリーズ) [単行本] / 辻 秀一 (著); 集英社インターナショナル (刊)『スラムダンク』の秘密 完全版 [新書] / スラムダンク研究会 (著); データハウス (刊)
posted by やぶっち at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。