2012年10月26日

第50回:利益は売る時ではなく買う時に生まれる

『金持ち父さんに連れられて牧場を訪れた時、
 ちょうどカウボーイたちが牛の群れを牧草地から食肉処理場へ追い込んでいた。
 金持ち父さんは牛が肉にされる前に私たちをほかの場所へ連れていったが、
 私たちにはそれから何が起こるかわかっていたし、牛たちにもわかっていた。

 その数ヵ月後、金持も父さんは今度は酪農場に私たちを連れていった。
 朝早かったので、酪農家が乳絞りのために牛の群れを牛小屋に追い込んでいるところだった。
 そこにいる牛たちの様子は、数カ月前に見た牛たちの様子とはずいぶん違っていた。

 この時、金持ち父さんが私たちに学ばせようとしていたお金に関する教えは、
 食肉用の牛を飼う牧場主も乳牛を飼う酪農家も、自分が所有する牛を資産と考えている点は同じだが、
 その取り扱い方が異なり、また、異なるビジネスモデルに従って仕事をしているということだ。

 金持ち父さんが私たちを二つの牧場に連れていったのは、
 キャピタルゲイン(売却益)とキャッシュフロー(不労所得)の間にある酪農場.jpg
 とても大切な違いを強く印象付けるためだった。
 簡単に言うと、食肉用の牛を飼育している牧場主は
 売却益キャピタルゲインを目的に投資する人に似ていて、
 酪農家はキャッシュフローを目的に投資する人に近い。

 これほど多くの人が投資でお金を失ったり、
 投資は危険だと思っている理由の一つは、
 食肉用の牛を飼育している牧場主のような
 投資の仕方をしているからだ。
 彼らは乳を搾るためではなく肉を利用するために投資している。


 先日テレビで、株式市場に投資する方法を学ぶハイスクールの子供たちについての特集番組をやっていた。
 インタビューを受けた学生は、
「]YZ社の株を買ったんですが、値上がりしてたくさんお金を儲けました」と言っていた。
 別の言い方をすると、この学生は売却益(キャピタルゲイン)、
 つまり自分が選んだ株式の価値が上がることをあてにして株に投資したことになる。

 また、私は友人から「新しく開発されたゴルフコースの周りの共同開発住宅地域の一区画を買ったんだ。
 これはいい投資だと思う。五年後には土地の値段が二倍になっているだろうからね」
 といった話を聞かされることがある。
 彼らにとっては、そういう形で利益が戻ってくることがいい投資なのだ。
 確かに、うまくいけば、実際に五年で元手が倍になることもあるだろう。


 金持ち父さんが息子のマイクと私に言ったのは、この友人の言葉とは違う言葉だった。
 何であれ投資を買うことについて、金持ち父さんはいつもこう言っていた。
「利益は売る時ではなく、買う時に生まれる」言い換えれば、
 投資対象の価値が上がるのを決してあてにしなかったということだ。
 金持ち父さんにとっては、価値の上昇は言わばおまけのようなものだった。
 金持ち父さんは、投資対象からすぐに利益が生まれること、
 つまりキャッシュフローをあてにして投資した。
 その理由は、投資対象の価値が上がってお金を作り出すまで待つ必要がないからだ。
 金持ち父さんはよくこう言っていた。
「株や不動産の価値が上がるのを待つのはあまりに時間がかかりすぎるし、危険すぎる」


 キャッシュフローを目的に投資する場合、私にとって値段はどうでもいい。
 プラスのキャッシュフロー、つまり私のお金に対するリターンが今すぐあるなら、
 値段に関係なく投資する。ここで大事なのは「今」という点だ。
 つまり、将来ではなく「今」ということだ。
 ほかの言葉で言うなら「金を見せろ!今すぐに」ということだ。

 たいていの人はキャピタルゲインを目的に投資するよう教えられているから、
 キャッシュフローを目的に投資することの持つ力を見過ごしてしまう場合が多い。
 私が投資信託に投資したと聞いて金持ち父さんが腹を立てた理由の一つは、
 私がキャピタルゲインを目的とした投資に引きずり込まれそそうだったからだ。
 金持ち父さんが息子のマイクと私に苦牛の牧場と酪農場の両方を見せたのは、牛を食肉牛の牧場と
 乳を搾ることの違いを教えたかったからだ。

 ウォーレン・バフェットは、酪農家のように考えて投資する。
 金持ち父さんもそうしていた。投資する資産の種類は関係ない。
 ビジネスにに投資する場合、それを太らせてから肉にして、
 別の人に売ってしまうだけという人もたくさんいる。
 不動産や紙の資産でも同じようにする人はたくさんいる。
 
 肉にすることを目的に牛を飼う牧場主の考え方をやめ、
 乳を搾ることを目的とする酪農家の考え方を理解すれば、
 ウォーレン・バフェットが「株式を持ち続ける期間として私が一番好きな時間枠は永遠だ」
 と言った意味もわかってくると思う。』
 (金持ち父さんのパワー投資術、金持ち父さんの若くし豊かに引退する方法より一部加筆修正)
金持ち父さんのパワー投資術 お金を加速させて金持ちになる [単行本(ソフトカバー)] / ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 [単行本] / ロバート・キヨサキ, シャロン・レクター (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)


『やぶっちコメント』
 未公開株やビジネス、土地などの将来の値上がりを予想して
 長期投資している人を何人も見てきました。
 自分も昔はそうでしたが、今は決算書を読み、現在の利益とキャッシュフローが必ずプラスで
 年々増加している会社の株を探し買うようにしています。

 狩猟民族が歴史的に大きく繁栄したことはありません。
 獲物が取れなくなった(不況になった)瞬間に全員が苦しくなり絶滅していきます。
 大きく安定して繁栄しようとしたら農耕民族のように考えて投資することを自分はお薦めします。



【補足】
 話は変わりますが、年金問題を解決するために、
 今の生活を買えなくてもできる株式投資のやり方を説明したブログを書いてみました。

 合言葉は一つ”投資は好奇心!!”

 興味のある方は、是非読んでみてください(=^・^=)

 ブログはこちらから
 長期投資家やぶっちの投資入門


posted by やぶっち at 12:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 長期投資で最も重要な考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

第49回:資本主義社会における銀行の位置付け

プロビデンスの目.jpg
『金融資本とは、銀行資本が産業資本と結合して、
 経済を独占的に支配する資本形態のことをいいます。
 銀行資本は、いわば口座の中のバーチャルな数字で、
 それ自体が何か実質的な富を
 生み出すわけではありません。
 銀行資本は産業資本と結合することにより、
 始めて実質的な富を手に入れることができます。

 銀行と企業の力関係どんな事業をおこなうにしても、
 まずは資本=おカネが必要となります。
 自己資本を持っているお金持ち以外は、
 銀行から融資を受けるか、
 株券を発行するか、債権を発行するか、
 いずれにしても金融機関を通さなければなりません。
 銀行から融資を受ければ、銀行は企業の債権者となります。
 その経営状態を把握することもできますし、
 その状態がよくなければ経営について
 口をはさむ権利があります。
 つまり、力関係を図式にすれば、銀行>企業となります。

 また、私たちのお金は、銀行に預けると“金融資産”となります。
 銀行は、預かったその金融資産の“運用権”を持ちます。
 その金融資産を運用するため、銀行は“株券”を購入します。
 株券は企業の所有権ですから、銀行は企業の所有権を持つことになります。
 つまり、ここでも銀行>企業という関係になります。

 国家と企業の力関係続いて国家と企業の関係についてみてみましょう。
 国家の収入は“税金”から得ることになっています。
 税金がなければ国家経営が成り立ちません。
 その税金は、所得税にしても消費税にしても物品税にしても、
 企業が営利活動をおこなうからこそ得ることができるものです。
 また、政治家レベルで考えみても、政治活動および選挙活動には“おカネ”が必要です。
 これもよほどのお金持ちでもない限り“献金”がなければ成り立ちません。
 この献金も企業が営利活動をおこなうからこそ得ることができるものです。

 要するに、国家は企業が利益を出さなければ運営ができない“経済的に依存している存在”ですから、
 国家は企業が利益を出しやすい環境を整えなければならなくなります。
 つまり、力関係から言えば、企業>国家となります。

 こう考えてみると三者の力関係は銀行>企業>国家となります。
 法律的な見地からみれば、国家が銀行や企業の存在を認め、
 その営利活動を許しているからこそ銀行も企業も成り立っているのですが、
 国家が経済の分野を民間に委ねてしまっているので、建前としては国家が最高位にいても、
 実質的には銀行や企業の方が上位に位置してしまいます。
 つまり、貨幣経済社会においては、お金を持ち、それを操作できる力(=金融力)を
 持つ者が最も強大な権力を持つことになるのです。』
 (なぜ反ロスチャイルドなのか(3)−国家と企業と銀行の関係より、一部加筆修正)


『やぶっちコメント』
 資本主義社会における銀行の位置付けをわかりやすく説明してくれている文章だと思います。
 今の世の中で特に通貨発行権をもっている銀行はかなり有利な立場にいることがわかると思います。
 パソコンで言えばOS(Windows)を支配したマイクロソフトのようなものです。
 このような世の中であることを前提にお金の使い方を一度考えてみるの良いかもしれません。
posted by やぶっち at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

第48回:私に一国の通貨発行権を与えよ

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド.jpg
「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
 そうすれば、誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い」
"Let me issue and control a nation’s money
and I care not who writes the laws"

(マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド1790年の発言)

『日本語で紙幣と手形は違う言葉で表現されますが、
 英語では紙幣も手形「notes」「bill」「draft」です。
 つまり、ドルというお金の正体は、米国政府が発行する国債を担保に、
 FRB(連邦準備銀行)が政府に貸し付けた手形=債権証書なのです。


 たとえば、米国政府が1億ドル必要だとしましょう。
 そうするとFRBは、米国財務省から1億ドル分の国債を購入し、
 政府の口座に1億ドルを振り込みます。
 この政府に振り込まれた1億ドルは、誰かの口座から借りてきて振り込んだおカネではありません。
 FRBが何か実物的な資産を提供しているわけでもありません。
 ただ、米国政府の口座に1億ドルと記入するだけです。
 FRBは口座に数字を記入するという行為だけで“無”から1億ドルを創造するのです。
 そして、政府は1億ドルを受け取り、公共事業等の出費として米国社会に1億ドルが流れていきます。

 さて、政府は時が来たら返済時に利子をつけて返さなければなりません。
 仮に利子をつけて1億500万ドルを返済するとしましょう。
 米国政府は国民から税金を集め、1億500万ドルを返済しなければなりません。
 しかし、世の中に出回っているおカネは1億ドル。
 500万ドル足りません。政府が1億500万ドル返済するには、新しく国債を発行し、
 世の中に流し、回収するしかありません。
 ここに、政府の借金が規則的なリズムで大きくなっていく理由があります。

 銀行は“無”からおカネを生み出し、国民はそれに対して利息を支払う義務を負う。
 また、政府は財政赤字を積み上げていく。
 そして、このマジックのようなおカネを使って世界中からアメリカに実質的な富が流れ込んでいく。
 その利益が最終的には国際金融資本家の懐に収まる、という仕組みになっています。
 つまり、銀行とは合法的な搾取システムなのです。

 現在のFRBは、J・P・モルガン・チェースとシティ・バンクの二行だけで53%近くの株を所有しています。
 つまり、ロスチャイルド・モルガン・ロックフェラーという世界最強の財閥連合が相も変わらず
 FRBを支配しているということになります。』
 (なぜ反ロスチャイルドなのか(4)−銀行という名の搾取システムより、一部加筆修正)

『やぶっちコメント』
人間は本能的に、将来に備えて価値のあるものを保存しようとします。
昔は食べていくのも大変だっため、魚や野菜や米を保存しようとしていました。
しかし魚や野菜などは長期間保存すると当然腐ってしまいました。
そこで保存が利きやすい金貨など価値ある貴金属を保存するようになりました。
そして、現代では多くの人は通貨(お金)を貯蓄して将来に備えていると思います。
ただし、通貨はかつては金や銀との交換が保証されていましたが、
いまは無から作られる借用書にすぎません。
そのため、基本時に通貨は長期的にみると印刷されればされるほど価値が下がると考えます。
あなたが貯蓄家ならば、ファイナンシャルリテラシーを鍛え、
本当に価値があるものに投資する投資家になることをお薦めします。

今回の内容を分かりやすく説明した動画がありますのでご紹介させて頂きます。

私に一国の通貨発行権を与えよ@


私に一国の通貨発行権を与えよA


posted by やぶっち at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

第47回:9.11は自作自演(戦争することに国民を納得させるのは簡単です)

『ルールを作り、人間達を管理する側の立場の人が、人間を管理する際に1番大変なのは、
 ※人間達を管理する側の立場の人とは・・
 ・会社の上役(社内のルールを作り、社員を管理する)
 ・政治家(国家のルールを作り、国民を管理する)
 ・学校の先生(校内のルールを作り、生徒を管理する)
  などの人。

「人間達の感情を納得させること」ですよね。
 人間は感情の生き物なので、感情的に納得できない決め事をされると、感情的になり、反発してきます。

「こんな社内規則、認められない!」「増税反対!」「自転車のヘルメットはかぶりたくない!」のようにです。

 ですので、戦争に参戦するのも、簡単なものではないのです。
 国民が、感情的に「戦争は反対だ!」という状態になると、無理やり参戦することが出来ないからです。
 ですから、国家のトップクラスの政治家や官僚は考えます。
「どうやったら、国民が戦争に参戦することに納得するだろうか?」と・・。
ロックフェラー.jpg
 日本の一般人の私達には理解できませんが、
 アメリカの国家のトップクラスに上りつめるような方というのは、
 私達とは受けてきた教育や、信念や考え方が少し違う場合も多いようです。
 ですので「戦争」に対する価値観も、私達とは違う場合もあるのかもしれません。
 私達はすぐに、「戦争反対!」となりますが、
 彼らはそうではないのかもしれません。

 アメリカは軍需産業が大きな国です。
 アメリカ国内では、多くの人達が軍関連の施設で働いています。
 軍関連の施設や企業が、多くの雇用を生み出しています。
 そして戦闘機やミサイル等の、軍関連のモノ作り大国であり、輸出国です。
 だから日本も、税金の中から大金を支払って、
 アメリカの企業が作る戦闘機やらミサイルを購入しています。
 つまり、戦争が始まれば、アメリカは国として経済的に潤うのです。
 兵器が売れるため、軍事企業にはお金が入り、忙しくなるためアメリカ国民の雇用も増え、良いことだらけです。
 道徳的な「良し悪し」を抜きにすると、戦争をすることで、メリットがある人達がいるのです。

 その際、今まで使われてきた方法は「先に相手に攻撃させる方法」です。
 先に相手から攻撃されると、国民も「やり返せ!」となりますから、世論を戦争にもっていきやすいのです。
 ですので、第一次世界大戦の際は、アメリカは参戦の世論を作り出すために、
 アメリカ人の乗っていた「ルシタニア号」を、わざとドイツに攻撃させた・・とも言われています。
 詳細は「ルシタニア号」で検索されて下さい。

 また、第二次世界大戦の際は、アメリカは参戦の世論を作り出すために、
 日本の奇襲に気づいていながら、わざと真珠湾を攻撃させた・・と言われています。
 詳細は「真珠湾攻撃 真実」で検索されて下さい。

 このように、今までもアメリカは、世論を戦争に導くために、先制攻撃をさせておいて、
 まずは被害を受け、その後に本格的な戦争に移る作戦を仕掛けてきたのかもしれません。
 そして、これは9.11事件をきっかけに始まったイラク戦争のときも同じなのかもしれません。
 アメリカのトップの偉い人達は9.11事件をきっかけに、世論を戦争にもっていき、
 イラク戦争を仕掛け、石油利権を取りにいったのかもしれません。
 石油利権は儲かりますからね。イラクは世界第3位の石油埋蔵量を誇っています。

 自分の価値観や、自分の常識、自分の道徳心などから考えますと
「そんなハズがない。ありえない!」となりますが、自分とは、価値観や考え方が、
 根本から違う人たちも、いるのかもしれません。』
(名無き仙人の綴る物語>世界の事実>9.11は自作自演より抜粋)


『やぶっちコメント』
 本日は9/11です。

 自分はもちろん戦争反対者です。
 そして平和な時代が一日でも長く続いてくれることを願っています。

 この記事を読んでから、改めて戦争の恐ろしさを感じました。
 物事の本質をみるには事実だけでなく真実を知る必要があることを改めて思いました。
 ※群盲象を撫でていてはダメだ!!と思いました。

 そして、恨みや憎しみをもつ相手や国がいた場合に、安易に攻撃的な感情になるのではなく、
 本当の敵(ケンカを仕掛けている人)が他にいるのではないと、
 一歩下がって冷静に考える思考が必要だと考えます。
 今、日本経済(10年以上の景気低迷)、世界情勢(ユーロ危機等)もすごく不安定です。
 いつ日本でも戦争肯定派が現れ、国民全体が戦争肯定の方向に向かってもおかしくないと思っています。
 そんなとき、一人でも多くの人が一歩下がって冷静に考えて、正しい判断をしてもらいたいと思います。
posted by やぶっち at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。